治験ボランティア・モニター参加者募集

最近は新型コロナウイルスの影響で、学校自体もなかなか始まらなかったり、私生活でも自粛が続いたりと、現在でも我慢を強いられる状況が続いています。そんな中、学生の皆さんは空いている間のスケジュールをどうするか迷っていませんか?

実家に帰る、ゲームにどっぷりハマる、自宅で映画鑑賞、友人とオンライン飲み会、自己研鑽のための勉強・・・などなど、過ごし方は様々ですが、一つの選択肢として治験への参加を検討してみませんか?バイトではありませんが協力費という報酬が受け取れます。

入院タイプの治験であれば、入院中の空き時間には、読書やゲーム・勉強などを行うこともでき、社会貢献と合わせて一石二鳥。もちろん負担軽減費も受け取れます。現在、治験に参加していただける方を積極的に募集中です!

参加までの流れ

ここではボランティア登録から治験に参加するまでの流れをご説明します。

STEP1新規治験ボランティア登録(仮登録)

インターネット上から登録すると、試験の詳細情報が閲覧できます。

【10年間の実績保有】社会貢献度の高い治験ボランティアお申し込みはこちら

STEP2登録説明会参加(本登録)

「”治験”て何」「治験は安全なの?」「お金がもらえるの?」など、皆様の疑問を解決し安心して治験に参加して頂くためにボランティア登録説明会を行っております。
治験に参加するには、一度こちらの説明会に参加して頂く必要があります。
(ボランティア登録は一切無料、登録したからといって必ず治験参加をしなければいけないわけではありません。)

STEP3治験申し込み

ボランティア登録説明会に一度参加された方なら、インターネット上又はお電話でも治験申し込みを受付しております。
治験参加の条件は試験によって異なりますので、申し込みをされた方にはお電話で詳細の参加条件確認をさせて頂きます。

STEP4事前検診(病院での)受診~合否連絡(数日から数週間後)

治験病院での事前検診は施設によっても異なりますが約2時間程度で、後日合否連絡が病院、又は弊社からご本人様に通知されます。

STEP5治験参加(通院 or 入院)

検診で合格と判断された方が治験参加となります。合格となった場合は最後までその治験に参加して頂くことを前提としております。

【注意】医療機関等の事情により治験が中止になる場合もございますのでその旨、ご了承をお願いいたします。

【10年間の実績保有】社会貢献度の高い治験ボランティアお申し込みはこちら

TAKAweb master

投稿者プロフィール

いろんなことに興味を持ち、いろいろ試しています。
曲がったことが大嫌いで、噓をつく人は嫌いです。
嘘があふれる世の中で真実を追求する姿勢が大切だと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

上城孝嗣・オフィシャルサイト

ページ上部へ戻る