元々はシンプルな発想から生まれています。

もし、自分が気に入っているレストランや、映画、音楽を誰かに教えてあげる事でプラスになることがあれば嬉しいと思いませんか?

 

元々MLMは、メディアなどで無差別に発信する広告に対して莫大なお金が使われている事に対して、無駄が多いというところに着目され生まれました。

ほとんどの人が一般的なメディアの広告を見たり聴いたりしても、実際の売り上げには繋がりません。

 

それに対して製品などを気に入ってくれた人が、口コミなどで紹介してくれた客は高い確率で売り上げが上がります。

前者は多額のお金が投下され、後者は無償??

・・・・しっかりと気に入ってくれてる人に成果のお礼を渡したほうが合理的なのでは??

そこで、CMなどの中間マージンをカットし、その分を口コミなどで貢献してくれた人に支払うというシステム、MLM(ネットワークビジネス)が誕生しました。

しかし、最初にこのシステムを悪用した連中があまりにも多く 「ねずみ講」 が広がり、事実とは異なるイメージが広がりました。

 

そこへ、広告費などで成り立っているメディアもMLMを嫌っていましたので、「口コミ=悪」 のイメージを刷り込む報道を始めます。

 

・・・・メディアはいつも同じ事を繰り返しているんです。

新聞しかなかった頃に、ラジオが登場した時にも、新聞各社はラジオ局を激しくバッシング。

 

次にテレビが広がろうとした時にも、そしてインターネットが広がろうとした時にもマイナスのニュースばかり報道していた歴史があります。

 

もしかしたらメディアが最も悪なのかも?

 

・・・これは極論ですが、それぐらいメディアはいろいろやってきている事実があるんです。

業界には悪い会社も多く存在するのは事実ですが、全てではありません。

 

しっかりと本質を見抜いた時にチャンスはたくさんあった事に気づくはずです。

良い会社は、経済的にも、教育、環境、健康面でも貢献しています。

 

一度確かめてみませんか?!

 

 

関連記事

コメント

    • 偉人の教えをビジネスに活かす@平山公威
    • 2011年 6月 18日

    1 ■無題
    いくつか記事を拝見させて頂きました。

    ビジネスに携わる私としては、ブログを通して違う職種の一面に触れてみると、改めて自分の立ち位置を見直すきっかけになります。

    今後も記事の更新を楽しみにしています。また覗きにきますので宜しくお願いしますm(_ _)m

    平山
    http://ameblo.jp/hirapro/

  1. この記事へのトラックバックはありません。

上城孝嗣・オフィシャルサイト

ページ上部へ戻る