Home » 経皮毒・有害化学物質 » 97%のアメリカ人がサンスクリーンによって汚染



97%のアメリカ人がサンスクリーンによって汚染

2012-03-22

CDC が97%のアメリカ人がサンスクリーンによって 汚染されていると発表
(ナチュラルニュース)

アメリカCDC(病害対策センター)の新しい研究では、アメリカ人のほぼ全員が
オキシベンゾンと呼ばれる成分を使用した
サンスクリーン(日焼け止め)に汚染されていると明かした。

この化学成分はアレルギー、ホルモンの乱れ、細胞へのダメージに関連、
また母親が妊 娠中に使用すると新生女児の体重の低下を引き起こす可能性があると考えられている。

オキシベンゾンは浸透促進剤でもあり、
この化学物質が他の化学物質を肌に浸透させるのを手伝う働きを する。

FDA《米》食品医薬品局はどう考えているのだろう?

おそらくサンスクリーン産業で目に見えない何かが動いているのだろう。

FDAはまたも、オキシベンゾンのような有毒物質から市民を守る義務を遂行することに失敗したのである。

業界からの働きかけで、エージェントは約30年もサンスクリーンの安全性基準の最終決定を遅らせたのである。

オンラインのコスメティック安全データによると、
環境支援グループは172種類のフェイシャルモイスチャライザー、111 種類のリップバーム、
81種類の口紅と同様、ハワイアントロピック、コパトーンなどの
オキシベンゾンを含む約600種 の日焼け予防製品がアメリカで販売されていることを確認している。

また、環境支援グループのリサーチは910種類 のサンスクリーンブランドの84%が、
不適切な日よけ効果、オキシベンゾンなどの成分を含むなど、
安全性に問題があるということを示している。

事実、日光によりオキシベンゾンが細胞ダメージに関連するフリーラジカルを形成するこ とも発表されている。

多くの人々がサンスクリーンを使う理由はフリーラジカルから老化を防ぐためという全く逆の理由なのに、、、

 

フルストーリー(全文・英語版):
http://www.naturalnews.com/022990.htm

関連記事 :









Copyright(c) 2012 オーガニック・ムーブメント All Rights Reserved. Designed
Top
Bookmark and Share