無関心の代償

Thumbnail of post image 162

酒、タバコ、チョコレート・・・こんなもの比べ物にならないかも!?

企業とは・・・文字通り「企む(たくらむ)」集団です。

どのようにして多くの人達からお金を巻き上げるかを考えているのです。

わかりやす ...

引き寄せの法則・因果の法則,無関心の代償

Thumbnail of post image 141

 

数年前から「テレビは見ない。」という人達が増えてきましたが、どんどん質が低下していますね~・・・

日本を良くしようというメディアが存在しないというのは徐々にバレはじめていたと思いますが、世界を混乱 ...

無関心の代償

No Image

インターネット環境により誰でもいろんな情報が取り出せるようになったにもかかわらず、新聞やラジオ、テレビなどのマスゴミが日本人を堕落させるために行ってきた情報操作、教育という名で行われ続けてきた洗脳による影響下から抜け出せずにいる人達が ...

無関心の代償

Thumbnail of post image 036

 

世界で最も影響力があったミュージシャンとして未だにリスペクトされるジョン・レノン。

彼は世界を支配している「気が狂った連中」の存在を世界に伝えようとしました。

以下の動画にもあるように ...

無関心の代償

Thumbnail of post image 008

・・・嘘でしょ!!
漫画の世界のような話が本当にありました。

ジョンズ・ホプキンズ大学医学部等の研究者チームが、通常は藻に感染するウイルスが、人間やマウスの脳に感染する場合があることを発見した。感染すると、有意

無関心の代償

No Image

戦前・戦後の世界の動き、そして日本人のあり方の違い。

明治維新の前に日本をコントロールしようという動きがはじまり、

黒船を使い、武力を盾に脅され開国 ⇒ 不平等条約が結ばれます。

その後もフランス、 ...

引き寄せの法則・因果の法則,無関心の代償

No Image

国や地域によって物事の捉え方や考え方は違ってきます。

「正義」に関しては勝者を基準とした観念を教育という名の洗脳によって植えつけられます。

今の世の中も第二次世界大戦の戦勝国がルールを作り敗戦国はルールに従うと ...

オススメ情報 pick-up,無関心の代償

No Image

昨日起きた、中国軍機による自衛隊機への異常接近。

現代の常識では考えられないような思考が、中国の上層部にはまだ根付いているようです。

じわじわと他国の領域に入ってきて挑発行動を繰り返し、隙を突いて実効支配をしよ ...

DESTINYグループ,無関心の代償

No Image

今日は4月1日、エイプリルフール。

多くの人達は「嘘をついても良い日」としていますが、本当にそうなのでしょうか??

エイプリルフールに関しての起源を調べてみると分かりますが、いろんな説があり結局のところ不明です ...

FEEL GOOD,無関心の代償

No Image

今年もいろいろありました~!

その中でも為替取引では世界中のいろんな人達の心理から、世の中の動き、仕組みを学ぶことができました。

ITや為替は国家間の勢力争いの構図がはっきりと読み取れます。

中国の ...

引き寄せの法則・因果の法則,無関心の代償

No Image

成功する人、成功しない人の違いは?

よく「成功するにはどうすればよいですか?」と質問される事があります。

答えは簡単。

「自分でしっかり考えて下さい!」 

 

「私 ...

無関心の代償

No Image

ゆかしメディアに気になる記事が載っていたのでシェアします。

日本が押し進めようとしているのは米国型のリフレ経済で、ノーベル経済学賞受賞のポール・クルーグマン氏、FRB(米連邦準備制度理事会)のベン・バーナンキ議長らが唱える ...

仲間・絆,無関心の代償

No Image

2020年のオリンピック開催地が東京に決定したことで浮かれている人達が増えたようですが、東日本大震災で被害を受けた人達のケアはできていないという事を忘れてはいけません。

オリンピック開催でまたバブルの再来を妄想しているので ...

DESTINYグループ,MLM・ネットビジネスのすすめ,無関心の代償

No Image

ネット上で札束の画像を掲載して射幸心を煽り悪質なビジネスへの勧誘行為をしている人達が増えています。

お金は大切なツールですが、ツールに使われてはいけません。

札束の画像を自分よりも前面に押し出している人達は、「 ...

引き寄せの法則・因果の法則,無関心の代償

No Image

貯金好きで平和ボケした人が多く存在する日本では、考えられないと思いますが・・・・。

一歩間違えるとあり得ない話ではありません。

日本も借金大国である事を忘れてはいけません。