ティム・バートン作品 『ビッグフィッシュ』

ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション [DVD] ティム・バートン監督の映画は全般的に好きなんですが、この映画は最も好きな映画です。 はじめてCMで見た時は 「単なるファンタジー映画かな?」 ・・・・・・

Dr.パルナサスの鏡

Dr.パルナサスの鏡 [DVD] 自分が思い描いたとおりの世界へ行けるという鏡。 しかし、そこには自分の中の天使と悪魔が・・・・! 創造主と悪魔が面白い視点で描かれています。  自分の中に存在する弱い ・・・・・・

ONE PIECE に学ぶ、ワクワクすることの大切さ!

この漫画が好きな人なら分かると思います。 未知の世界へ向かう時、自分より力が強いものに向き合う時にどう感じるべきか! リアルな生活の中では、ビクビクして どうしても避けて通りがちだと思います。 しかし ・・・・・・

ONE PIECE 58巻 『やるだけやって死ぬなら本望』

ONE PIECE 58 (ジャンプコミックス) いや~ 今回も凄い展開です・・・!! 白ひげの親父っぷりもかっこよすぎます。 ルフィも自分の命の危険も関係なしにエースを救おうとする熱い思い。 どんど ・・・・・・

相田みつをの世界

育てたように子は育つ―相田みつをいのちのことば 「いいことは おかげさま わるいことは 身から 出たさび」 ~ 相田みつを ・・・反対の人が多くいませんか?? 良い事は自分がやったから、悪い事は周りや ・・・・・・

岡本太郎氏に学ぶ

岡本太郎 「明日の神話」 再生への軌跡 [DVD] 『自分の価値観を持って生きるってことは、嫌われても当たり前なんだ。」 自分の色がはっきりしてくればくるほど、周りからの評価も分かれてきます。 嫌われ ・・・・・・

家族を大切にしている人は間違いない ~ 渋沢栄一

渋沢栄一 100の訓言 (日経ビジネス人文庫) 「人を選ぶとき、家族を大切にしている人は間違いない。 仁者に敵なし。 私は人を使うときには、知恵の多い人より人情に厚い人を選んで採用している」  この基 ・・・・・・

最後の最後まで、あきらめてはいけない。

リーダーになる人に知っておいてほしいこと 「失敗の多くは、成功するまでにあきらめてしまうところに、原因があるように思われる。 最後の最後まで、あきらめてはいけないのである。」 ~ 松下幸之助 &nbs ・・・・・・

インフレで日本人の9割が貧乏になる

Categories: 無関心の代償
Tags: No Tags
Comments: No Comments
Published on: 2013年9月12日

ゆかしメディアに気になる記事が載っていたのでシェアします。

日本が押し進めようとしているのは米国型のリフレ経済で、ノーベル経済学賞受賞のポール・クルーグマン氏、FRB(米連邦準備制度理事会)のベン・バーナンキ議長らが唱える世界では主流となっている経済学である。

「1%(の大金持ち)と99%(のその他)の差がさらに広がるのがインフレ経済。

金融商品が上がって富裕層だけ資産が増えても、エネルギーや食料の価格が高騰していきますから、6人に1人はフードスタンプを受給する米国では、貧困層は本当に生活ができなくなります。

米国とはこういう社会。本当の意味での景気回復とは国民生活が良くなることです。

なぜ、米国型の経済を目指す必要があるのかが、わかりません」

さらに日米を国家の観点から見ると、米国債はほぼ半分が海外投資家、日本は1割未満。つまり米国はドル安・インフレになった方が借金は目減りする上に、基軸通貨であるために、大量にドル紙幣を印刷しても、買い手は存在するのだ。

こうしてインフレの恩恵を受け続けるのが米国という国だ。

多くの日本人にとって実際のメリットは少なさそうだが、このままインフレ政策を押し進めるとどうなるのか。

将来は70歳定年制、消費税25%

日本の財政が年々悪化していることは説明するまでもないが、平成25年度一般会計予算では、国債費が全体の24.0%を占める約22兆2415億円。

インフレにより、たとえ金利が1%上昇しただけでも、ここから利払いが増大する。

比較して租税収入は約43兆円で、ここ数年の間変化がない。

社会保障費や国債の利払いなどの増加が見込まれ、今後も予断を許さない状況だ。

また、日本国債の先物市場に目を転じれば、外国人投資家の売買シェアは3割以上を占めており、売り浴びせのターゲットになり、そこから崩れる可能性もないわけではない。

中原氏は「財政危機はあるかもしれませんし、ないかもしれません。

ただ、破綻は絶対にないと思います。

世界のどの国も日本の破綻を喜ばないし、IMF(国際通貨基金)でさえ助けるほどのお金や力は持っていませんから」という。

破綻がない一番の根拠としては、国民の大増税という自力再建の選択肢が残されているからだ。

まだまだその増税の余地がある。

「とても今の社会保障制度では保たないので、最低でも定年退職を70歳に引き上げて、消費税を20~25%に引き上げるしかないですね。もっと厳しくなっていきますから、高齢者にも負担をしていただかなくてはならなくなるでしょう」

年金の積立運用を行うGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)では、すでに基金の取り崩しが始まっており、現役世代だけの負担ではまかないきれなくなる。

そうしたことからも、制度維持のためには、高齢者も負担が必要になってくる。

ただ、こうして手をこまねいているだけでは、先は暗い。

経済的な影響力の強い富裕層の誘致においては、シンガポールなどに後れを取ってしまった感のある日本だが、元々持っているポテンシャルを考えれば、税制改正や規制緩和を行うことで勝機があるのではないか。

中原氏は「米国の西海岸でも、相続税がなくなれば日本で住みたいという富裕層がたくさんいる話を聞いたことがあります。

こんなに安全で自然が美しく、趣のある文化もあって、食べ物や水がおいしい国は他にありませんから。

富裕層一人で十人分の消費をしてくれるかもしれません」と述べた。

相続税の引き上げをすでに決定しているが、そもそも税収全体に占める割合は低く、効果は限定的だと言わざるを得ない。

特に、地主など地方の資産家は三代で資産がほぼはく奪されるケースもある。

「地方では資産家が、地域の雇用を担っていることが多く、資金繰りをする場合には土地を売却して現金化するのが一般的です。その手段がなくなることで、地域の雇用も奪われることになり、三代で資産がなくなるような制度は要らないのではないかと思います」

相続税の引き下げ、さらには法人税の引き下げによって雇用が生み出される効果を無視できないという。

また、規制緩和の一つとして、TPP(環太平洋パートナーシップ)についても「日本で作った物の価値が高まるということを、日本人一人ひとりが自覚するようになるでしょう」としており、特に農業、医療分野で特に日本は規制緩和を行い、株式会社化すれば、外貨を稼ぐ大きなチャンスだとしている。

ただし、米国の大企業の論理に屈しないように、日本にもタフな交渉力が求められることは忘れてはならない。

インフレ政策とは、米国の金持ちを潤すものだというのが中原氏の主張。盲信するだけでなく、ひとり一人が「お金」の本当の姿を見ていかなくてはならない。

 

関連記事 :

DESTINYグループ・オススメ情報
 http://organic21.net/category/pick-up/

自己啓発・スキルアップ・学習
 http://organic21.net/category/seminar/

イベント・セミナー関連情報
 http://organic21.net/category/cat01/

WEB・SEO関連お役立ち情報
 http://www.feelgood21.net/desigh/category/cool/

生活・健康関連のお役立ち情報
 http://www.feelgood21.net/category/pick-up/



FX-RICH

Related Posts

  • チャンスを逃す人達の特徴チャンスを逃す人達の特徴 成功する人、成功しない人の違いは? よく「成功するにはどうすればよいですか?」と質問される事があります。 答えは簡単。 「自分でしっかり考えて下さい!」  […]
  • 来年はどうなる?来年はどうなる? 今年もいろいろありました~! その中でも為替取引では世界中のいろんな人達の心理から、世の中の動き、仕組みを学ぶことができました。 ITや為替は国家間の勢力争いの構図が […]
  • 嘘をついてもいい日?嘘をついてもいい日? 今日は4月1日、エイプリルフール。 多くの人達は「嘘をついても良い日」としていますが、本当にそうなのでしょうか?? エイプリルフールに関しての起源を調べてみると分かり […]
  • 金に翻弄される人達金に翻弄される人達 ネット上で札束の画像を掲載して射幸心を煽り悪質なビジネスへの勧誘行為をしている人達が増えています。 お金は大切なツールですが、ツールに使われてはいけません。 札束の画 […]
  • 東京オリンピック開催決定の光と影東京オリンピック開催決定の光と影 2020年のオリンピック開催地が東京に決定したことで浮かれている人達が増えたようですが、東日本大震災で被害を受けた人達のケアはできていないという事を忘れてはいけません。 オ […]
  • 貯金しているのにお金を払う?貯金しているのにお金を払う? 貯金好きで平和ボケした人が多く存在する日本では、考えられないと思いますが・・・・。 一歩間違えるとあり得ない話ではありません。 日本も借金大国である事を忘れてはいけま […]
  • もしもの時にどう動く?もしもの時にどう動く? 昨日起きた、中国軍機による自衛隊機への異常接近。 現代の常識では考えられないような思考が、中国の上層部にはまだ根付いているようです。 じわじわと他国の領域に入ってきて […]
  • ボロが出てきたマスコミボロが出てきたマスコミ   数年前から「テレビは見ない。」という人達が増えてきましたが、どんどん質が低下していますね~・・・ 日本を良くしようというメディアが存在しないとい […]
  • 人に感染し「頭を悪くする」ウイルス人に感染し「頭を悪くする」ウイルス ・・・嘘でしょ!! 漫画の世界のような話が本当にありました。 ジョンズ・ホプキンズ大学医学部等の研究者チームが、通常は藻に感染するウイルスが、人間やマウスの脳に感染す […]
  • 戦後70周年・事実と向き合う戦後70周年・事実と向き合う インターネット環境により誰でもいろんな情報が取り出せるようになったにもかかわらず、新聞やラジオ、テレビなどのマスゴミが日本人を堕落させるために行ってきた情報操作、教育という名で行 […]

Welcome , today is 木曜日, 2017年3月23日