Home » 健康関連のオススメ情報 » 「光で起きる」目覚まし時計



「光で起きる」目覚まし時計

2012-06-11

【返金保証】光目覚ましPER3

音ではスッキリ起きられないというのは 人類の長い歴史を振り返れば一目瞭然です。
音で起きるというのは敵が攻めて来た時や 天災時の危険な状況での緊急の目覚め方です。

この事から音で起こそうとする事が、どれだけ間違った行為かがおわかりになるはずです。
http://www.feelgood21.net/PER3

人類は電気が発明されるまでは、太陽の光と火の光だけでの生活です。
ですので、朝は明るく、夜は暗くという環境になり、生活リズムは整っていました。

時が流れ、現代は24時間社会となり夜中でも明るい環境になっています。

しかし、今でも人間の体内時計は強い光を浴びる事でリセットされます。
そして、リセットされて14時間~16時間後に眠たくなります。

そうです。本来人間は光で目覚めるというのが 一番適している生き物なのです。

少し難しい科学的な説明をすると 人が眠気を感じるのはメラトニンというホルモンが関係しています。
メラトニンの分泌レベルが上昇すると、人は眠たくなります。
逆にメラトニンの分泌レベルが低下すると、眠気を感じなくなります。

つまり、メラトニンは、睡眠を考える上で 欠かすことの出来ない大事なホルモンです。

明るい光が視界に入るとメラトニンの分泌レベルは低下します。
朝、光をあびるとスッキリと目覚めることが出来るのはこのためです。
また、雨の日や日照時間の短い冬に気分が乗らない、元気が出ないというのも 光と人間に密接な関係があるからです。

ひどい場合には、冬季うつ病という症状が出る方もおられます。
冬季うつ病は、医学的に光療法という、明るい光を浴びる治療法が一般的です。

スッキリした目覚めをもたらす光は 最低でも2,500ルクス以上欲しいところです。

前述しましたが、病院で行われる冬季うつ病の光療法は1万ルクス程度です。
朝から部屋に差し込む朝日の光も1万ルクス程です。
一般家庭に付いているライトは明るくても500程度です。

ですので、家庭用のライトを付けてもスッキリとした目覚めを得るのは難しいと言えます。

PER3は1万3千ルクスを発します。
充分過ぎる光であなたのスッキリした目覚めをサポートします。
http://www.feelgood21.net/PER3

 

関連記事 :




Related Posts





タグ: , , , ,
Copyright(c) 2012 オーガニック・ムーブメント All Rights Reserved. Designed
Top
Bookmark and Share